ルノルマンカードの塔は保護を示しています。

周りにあるカードが守りを表現しています。

 

それは、自営業であるか、孤立するか、孤独である誰かを示します。

それも、政府、裁判所、銀行、病院、大学と大学に言及します。

塔が空に高さを突出させるちょうどその時、塔が現れるとき、あなたは大きな何かについて考えてみてください。

 

欧米を始めとする国々ではもともと、塔は地上と天上を繋ぐ建造物であるとされ、同時に神が地上にて住まう場所であり、尚且つ死者が天上へ帰る際に通る場所として認識されていました。

なので、地上と天上を繋ぐ象徴をあなたの中にみてください。

 

 

☆ * * * * ☆

 由美子るみえーる先生

 からのメッセージ

 ☆ * * * * ☆

 

あなたが塔のカードを引いたら、自立や独立を促されています。もしくは、孤立や孤独でありませんか?と問われています。向上心や上昇志向がありますね、とも言われています。

自立の場合の要は、背骨とセンタリングです。

それから天と地を繋ぐ
場所でもありますので、あなたにとってそれはどういうことなのか、自分はどういう役割なのか、を考える時でもあります。

 

そして高い目標を持つこと、そのためには高い視点や周りを見回す俯瞰が要だと伝えています。

 

建物や場所、機関としてみると、政府、裁判所、銀行、病院、大学等の学校、オフィスタワー、マンション等です。

 

塔は古今東西の様々な目的や役割の性質上、かなり堅固に創られています。それを象徴とすると、安心できる保護、幽閉のような孤独、心を閉ざし世間から孤立した引きこもり、等と捉えることができます。思い当ることはありますか?