ルノルマンの本は、「秘密」を表しているので、通常は閉ざされた形で描かれますが、本はいったん開かれると、そこに書かれている秘密は、知識となって、私たちに新たな世界を開いてくれます。

 

そういった意味で、本は脳内の変化を表す象徴ですから、今、あなたは考え方を変えたり、強化したり、広げたりするタイミングにきていることを受け止めなさいという示唆を得ているとみることができます。

 

書店に足を向ける、書棚に目をやる。

 

そんなところにインスピレーションがあるはずです。

 

 

 

☆ * * * * ☆

 由美子るみえーる先生

 からのメッセージ

☆ * * * * ☆ 

 

本はあなたが手にとって開いた時に、中にある秘密の世界が開示されます。本は、知識・知恵・文化・情報の宝庫ですが、とにかく開き手と読み手が必要なのです。あなたという読者がいてこそ中の世界は表に現れるのです。
 
本のカードはあなたに、今あなたが知りたいことは本の中に書いてありますよ、と告げています。また新しい知識や知恵を受けとり、視野や観点を拡大するために本を読むといいですよ、と伝えています。

 
実際に図書館や書店に行って、気になった本を手にとって開いて見ましょう。あなた自身が沢山本を持っているなら、ピンときた本を手に取って開いてみましょう。

 

もしくはあなた自身が、持っている知識や知恵を、書くことで必要な人達に届けるといい、と言われているのかしれません。

今あなたに必要なのは、本を読むことでしょうか?
それともどんどん書くことでしょうか?

 

あなた自身がそれを知っているはずですよ。